会社概要 医療 産業 トータルサポート 採用情報 お問い合わせ
山脇酸素の医療
  • 在宅酸素療法
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 人口呼吸システム
  • 医療ガス
  • 在宅輸液ポンプ
  • 医療ガスの配管工事、保安点検
睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に10秒以上の無呼吸(呼吸をしない状態)が30回以上続くか、1時間に5回以上の無呼吸が起きている状態をいいます。無呼吸状態が続くと血液中に炭酸ガスがたまり、心臓に負担がかかるためいろいろな障害がでてきます。またこうした状態はきちんとした睡眠をとれない状態が続きますので、疲労が蓄積し仕事などの日常生活にも支障が起きてきます。突然死や生活習慣病との関連が疑われています。

睡眠時に呼吸が止まってしまうことによる影響
睡眠中であっても、しばらく呼吸が止まっていれば息苦しくなり目が覚めます。そして呼吸を再開して眠りにつきますが、再度呼吸が止まって息苦しくなります。これを一晩中繰り返し熟睡できなくなってしまうのです。しかも、一般的にはそれをはっきり自覚していないのです。ですから睡眠時無呼吸症候群の人はいくら睡眠時間をとったとしても、脳と体は一晩中熟睡することなく日中は睡魔との戦いに終始し著しく健康や社会的活動を損ねてしまうのです。また、寝不足状態は集中力の低下・疲労・無気力・物忘れ・短期を起こしやすく、強い眠気は交通事故の原因となることがあります。 睡眠時に呼吸が止まってしまうことによる影響

セルフチェック!
セルフチェック!

在宅酸素療法に使われる機器の概要をご紹介します。
在宅持続陽圧呼吸療法CPAP
・軽量化され、旅先への持ち運びが簡便となりベッドサイドでも省スペースですみます
・無呼吸・低呼吸・いびきに加えてフローリミテーションを検知し、これらに応じて自動的に圧を調整(Autoタイプ)
・使用したデータの記録し、医師への経過報告も可能になります

鼻マスク例
鼻マスク例一覧

ページTOPヘ